色素沈着

MENU

色素沈着 早く治したい!

肌のトラブルにつきものなのが色素沈着です。
いちどなってしまうとなかなか元に戻すことが難しいと感じている女性は多いはずですね。
アトピーの方や肌に病菌がある人は特にこの色素沈着になりやすい体質の方が多いです。

色素沈着になる場合の例

  • ムダ毛処理をした後
  • 転んで擦り剥いた後
  • 日焼けをした後
  • かぶれ、虫さされの炎症後
  • 何もしなくても自然に
と人によって様々でしょう。

紫外線をたくさん浴びた時にできるシミやニキビで炎症を起こした時にできるシミはよく聞きますね。
また外部からの強い刺激や摩擦も原因のひとつになります。
肌の表面に存在しているバリアがありますが、この機能が低下したり破壊されると肌にはすぐにシミができやすくなってしまうのです。

他に原因として多くあげられるのが熱傷や外傷で皮膚が炎症を起こした時や慢性的な炎症によるものです。
また女性なら妊娠中にホルモンが変化しますが、その過程でメラニン色素が刺激され黒ずみができやすくなったりしますね。


メラニン色素とシミ(色素沈着)ができる仕組み

色白、色黒と人の肌の色を決定するのはメラニン色素です。
メラニン色素の量が多い人ほど肌の色が黒っぽくなるというわけです。
このメラニン色素は人間の体の色を作る役割の他に紫外線や活性酸素から守ってくれる働きもあります。

メラニンは肌の一番下の部分にある層で、毛髪の場合は毛母で生成されています。
紫外線を受けることによって自らも褐色に変化し拡散します。
詳しいメカニズムは割愛しますが、皮膚の新陳代謝の崩れや乱れからなる場合が多く局部に色素が沈着したままとなってシミになります。


できてしまった色素沈着を治すには…

たとえニキビが治っても、シミのように色素沈着してしまった肌は見た目も悪いものです。
顔以外でも腕や足など色素沈着がある部分は気になってしょうがありませんよね。
確かに放っておいても数年もあれば消えることがあります。

しかし、そのままにしておくよりは、早めの対策としてきちんとケアすることをお勧めします。
そもそも治りにくいといわれていますが、きちんとケアしたり生活習慣を見直す事で改善は早まる事もあります。

自宅で簡単にできる具体的な改善方法

紫外線対策
シミ対策として最も有効な手段が紫外線対策をすることです。
日々の紫外線は既にできているシミにも悪い影響を与えます。
なので普段からしっかりと紫外線には気づかう事を意識しましょう。
私は夏以外でも日焼けクリーム等で対策をしています。

ピーリング
ピーリングといっても自宅でピーリング石鹸を使って行う施策です。
多少刺激があるため毎日はせずに週に2,3回程度を目安にするといいでしょう。
また洗う際にはゴシゴシと擦らないのはひじょうに大事なポイントです。

ターンオーバー促進
規則正しい生活やバランスの良い食事などターンオーバーを正常化させる方法は色々あります。
睡眠に関しても今よりもっと質を考えてみる様にしてください。
当たり前のあなたの日常が、本当に最善のものであるかを見直してみましょう。
これに気をつけるだけでも肌にもさまざまな影響が出てくるものです。


以上の様に、色素沈着を治すには生活習慣等の見直しをしてみましょう。
その上でサプリメントなどと一緒に取り入れると相乗効果が見込め、どんどん良くなるはずですよ。