ニキビの治し方・原因

MENU

ニキビの原因や治し方

ニキビができやすい部位や原因については個人差がありますが、一般的によくいわれる原因や治し方などを参考までに記載しています。
特徴や原因を知る事で意外と改善できるものもあるのでチェックしてみてください。

おでこニキビの原因・治し方

思春期ニキビの特徴として、おでこに赤いニキビができる事がよくあります。
成長ホルモンとの関係がニキビをできやすい状態にしているといわれますが、自分でも気付かないうちに悪化させてしまっている場合が多いのです。

例えば学校での部活でスポーツをやっている人なら、汗をそのままにしていたり、シャンプーやリンスをしっかりと洗い流さなかったりということが多いようです。
髪の生え際やこめかみ、そしてもみあげ付近もそうですし、眉の間もそうです。
シャンプーや洗顔料は、顔の汚れや頭皮の汚れを落とすためには良いのですが、肌に残ったままで放っておくと肌に与えるダメージは意外に大きくニキビを悪化させてしまう原因にもなります。
なのできちんと洗い流すこと、泡が残らず最後までしっかりとすすぐ様にすることを心がけましょう。

またよくあるのがおでこのニキビを隠したいがために前髪を伸ばすことですが、これはやってはかえって逆効果になるので避けたほうが良いのです。
髪とは思っている以上に汚いもので、埃や雑菌がたくさんついています。
見た目では分かりませんが、肌には悪い影響を与えてしまいますので、できるだけ前髪が肌に触れるのは避けたいところ。
元々おでこは皮脂分泌が盛んな人が多いため、それが肌につくとベタベタして、さらに汚れてしまいます。
さらにワックスなどの整髪料を使っているなら、それも肌に悪影響を及ぼしますので、できるだけサラッとしたものを使うようにしてください。

以上のような点をまずは注意しておけば、意外とおでこのニキビは簡単に改善できたりします。
ポイントとしてあげられることは、まずおでこにニキビができても、それを必死になって隠さないこと。
なかなか難しでしょうが、これがおでこニキビを治す最も近道かと思います。


鼻ニキビの原因・治し方

ニキビの中でも特に目立ってしまうのが小鼻にできるものです。
思春期ニキビ、大人ニキビのどちらでも目立って発生するニキビといっていいでしょう。
顔の中でも鼻は皮脂量が多い上に、毛穴が深いということで皮脂が詰まりやすい場所であることが原因です。

そしていちどニキビができてしまうと連鎖を繰り返しやすい部位でもあるのです。
多量に分泌される皮脂によってアクネ菌が住みついてしまい、そうなると陥没や毛穴の拡大に繋がってきます。
毛穴が広がると跡が残ったり「イチゴ鼻」になってしまう原因にもなるので、とにかくできるだけ早い段階でのケアが重要になります。

気をつけたいのは、外部からの刺激!これが最も重要です。
強い刺激を与える事により、肌バリアはダメージを受けてしまいます。
そうなるとニキビ発生率は一気に上昇してしまうので、自分の手などで肌に触れることを避けるように心がけてください。
手には見えないバイ菌や雑菌がたくさんついています。
たとえどんなに丁寧に洗ったとしてもです。
だから手で肌に触ることは深く深く注意するようにしてください。

手で触らないといっても洗顔時には必ず触ることになります。
洗顔の時はゴシゴシと強く擦るのではなく、泡を撫でる感じが理想です。
手と顔の肌の摩擦ではなく、間に必ず泡が入っている様な状態です。
もっと分かりやすく言えば、直接手は接触させない、というくらいでいいのです。

このように鼻ニキビ対策として最も重要なのは、刺激を与えない洗顔方法を取り入れることになります。
また鼻ニキビに限らずいえることですが、乾燥を防ぐために保湿することも大事です。


あごニキビの原因・治し方

顎にできるニキビは、10代よりも20代に多いといわれています。
元々あごは皮脂の量も少ないのですが、原因としては体の内部要素が関係しているようです。

社会人になると仕事の関係で不規則な生活を強いられたり、ストレスを感じることも多くなります。
それが原因でホルモンバランスが崩れ、ニキビとなって表に出てくる事が多くなります。
ストレスはホルモンバランスを乱して皮脂の分泌量を不安定にさせ、肌を乾燥させたりと色々な悪影響を呼び起こします。
毛穴が小さい顎は特に影響をうけやすいため、ニキビができる確率も高いのです。

気をつけたいポイントをあげると、まずは規則正しい生活習慣を身に付けることになります。
ホルモンのバランスが最も影響していると考えられるので、寝る時間と起きる時間を変えないといった方法をとりましょう。
たとえ睡眠時間が一緒でも、時間をずらすことはお勧めできませんし、逆に睡眠不足といった事で考えても、寝ている時間が短くても、規則正しく日常化するなら、そちらの方が体には良いといえます。

また食生活においても、揚げ物など脂分の多い食べ物を多く摂ることによって顎ニキビができやすくなります。
できるだけ脂っこいものは控える様にするのがベストです。


首ニキビの原因・治し方

一般的に首にできるニキビの原因はストレスによるものだといわれています。
大人ニキビができる部位としてあげられる事も多いのですが、思春期ニキビでも首にできることは多々あります。
厄介なことに、いちどできると治りにくく長引いてしまう というのも特徴のひとつです。

また首を清潔な状態にしていないと悪化したりニキビができやすくなってしまうため、繰り返さないためにも清潔を保つことは重要です。
たとえば寝る時に使う枕は清潔にしていますか?これ意外と見落としがちな点なので注意してください。

そして「おでこニキビ」と同様に髪の毛が原因として考えられることがあります。
髪が首すじに触れている事でニキビが発症してしまうケースはよくあるらしく、ロングヘアーの人は注意してほしいポイントになります。
特に女性は髪の毛が首に当たっている人が多いはずです。
夏の汗ばむ時期に髪の毛によって風通しが悪くなり、清潔さを損なうというのはひじょうに危険です。
さらにはできてしまった首ニキビを隠すために、そのままにしておく状態も負のスパイラルに陥ります。
ニキビができたら、まずは清潔さを保つために髪を束ねたり結ったりしてみましょう。
ここでもあまり人目は気にせず、隠したりするのは控えてみてください。

以上のように首ニキビの原因や対策として例をあげましたが、もうひとつ大事なのが食事です。
ストレスは身体内外と密接に関連しているため、きちんと3食の生活をすることはとても大事です。
栄養バランスを考えた食事は外食ではなく自分で作るのがベストです。
できるだけ塩分や脂分は控えるようにして野菜や果物を多く取り入れることで体質改善も意識しておきましょう。


頬ニキビの原因・治し方

頬は顔の中でも毛穴が大きくて深い場所です。
意外に皮脂の分泌量は少ないのが特徴ですが、思春期になるとバランスが崩れて過剰分泌してしまうのが主な原因です。
また毛穴に入った汚れや雑菌が根強く奥深くにまで残ってニキビとなり繰り返し出てきます。
そして他の部位同様に外部からの刺激による悪化が多いので、できるだけ肌への負担にならない様に努めることが大事です。

例えば普段何気なくやっている「頬杖」、これ心当たりある人 多いはずです。
とにかく肌に直接手で触れないこと、これをしっかりと守れるようにしたいです。
また汗などをタオルで拭く場合にも、擦るのではなく優しく叩く程度にしてください。

あと重要なのは洗顔の仕方、洗顔料の選び方です。
現在では様々なニキビ用洗顔料があります。
どれを選ぶかも重要ですが、それ以上に洗顔の仕方に着目してほしいです。
ポイントは毛穴の奥までしっかり洗えるかどうか?さらに洗顔後の保湿効果があるか?といった点が重要です。
頬の汚れ自体は、毛穴が大きいため簡単に洗い流せます。

以上のように頬ニキビは比較的に簡単なケアを繰り返すことで改善の効果を実感できることも多いです。
擦らず毎日優しい洗顔を心がけるだけでも十分な効果を見込めるでしょう。


ストレスニキビの原因・治し方

上でもお話しましたが、ストレスが原因でできるニキビはひじょうに多いものです。
ストレスニキビのメカニズムは自律神経との関係が影響をしていますが、ストレスを感じることにより、この自律神経が正常に機能しなくなります。
それによって、肌へもさまざまな悪影響を与えてしまいニキビができる原因となります。


それではどんな時にストレスを感じるでしょうか?

生活環境の変化

たとえば、引っ越しをして生活環境に変化があった場合です。
今までとは違った生活環境は精神的にストレスになる事が多いといわれており、本人に自覚がないことも多くあるようです。
気持ちの上では生活環境が変わる、と知っていてもカラダ自体は今までの習慣を覚えています。
そのため急に変化が起こった時には自然と反応をしてしまったり、今までと違った環境は自分の頭で理解していたとしてもストレスを感じることが多いのです。

仕事の変化

次に職場です!
転職をしたり現在の職場で異動などがあった時、その環境は変化し、ものすごいストレスを感じてしまうのです。
もちろんそうでない場合も考えられるわけですが、殆どの場合はストレスを全く感じない異動や転職はありえないといってもいいでしょう。
また長い間、同じ職場にいたとしても、日々の積み重ねで起こるストレスを感じる事は多々あることだと思います。
この様に職場での環境が変わる事は、自分でも気づかないうちに身体が勝手にストレスを感じている事が多いので覚えておいてください。

家族・恋愛関係

もうひとつあげるとすれば家族や恋愛問題になります。
家庭内で深い悩みがあったり恋愛において相手と上手くいかない、など色々とストレスを感じる事があります。
こういったストレスもまた、ニキビを悪化させたりする原因になります。

ニキビが出来たとき

そして最も注意したいのがニキビのことで悩むことです。
これは殆どの人が気にするなといってもムリな事かも知れませんが、ニキビを気にするあまりにストレスを感じてしまうという悪循環です。

ニキビができた!→気になる!→ストレスに変わる! 

いちど深く気にしてしまうと忘れられなくて、やってはいけない行動に出ます。
またニキビを悪化させてしまっている人の多くが他人よりもニキビを気にしている人です。
あまりにも気になってしまうと冷静さを失うことも多く、間違ったケアや洗顔方法によって悪化を招くのです。
このようなストレスは できるだけ軽減するように心がけて、自律神経の正常化をさせることにより、ニキビを治すことは可能になります。


ホルモンバランスニキビの原因・治し方

ホルモンバランスが崩れるとニキビができる!という話は誰でもよく聞くことだと思います。
でも詳しく説明ができる人も少ないと思いますので、そのへんを分かりやすく解説してみましょう。

基本的にこの場合にいうホルモンは男性ホルモンと女性ホルモンです。
男女どちらも両方のホルモンを持ち、バランスが保てていることで肌状態も安定しますが、ニキビができるのはこれらがバランスを崩したときです。
通常、男性ホルモンがニキビを引き起こしたり悪化させ、女性ホルモンがニキビを予防したり改善させてくれます。

簡単に言えば、男性ホルモンは皮脂分泌を促す働きがあり、女性ホルモンには逆に皮脂を抑える働きがあるのです。
また女性ホルモンには肌バリア機能を強化させるといった性質もあり、なかでも女性ホルモン特有のエストロゲンなどは「美肌ホルモン」とも呼ばれています。

ただしこのエストロゲンが、とにかく多ければいいの?と考える人もいるでしょうが、そうでもありません。
あまり過剰になると皮脂を抑え過ぎてしまうことで乾燥肌になってしまったりもします。
さらには乳がんや子宮筋腫といった婦人病のリスクも高める可能性があるので注意が必要なのです。

結果的には双方のホルモンはバランスが重要だという事になります。
ムリな女性ホルモンの増加などを考えるのではなく、本来のバランスを維持させることが最も大切なことなのです。


ニキビの原因と治し方は上記で紹介した通り、顔の部位によっても違いがあります。
しっかり改善したい場合や、跡を残したくないのであれば、早期のケアがポイントになります。
ケア方法やケア商品を選ぶ際にも失敗を避け、正しいケアをある程度 継続的にすることで、早期改善も見込めるだろうし美肌を維持するためへの近道となるでしょう。