大人ニキビ

MENU

ニキビの種類

最近ニキビが気になって、少し調べてみてビックリ。
ニキビってこんなに種類があったの?と驚いた人もいるかも知れません。
ここでは一般的にいわれているニキビの種類について詳しく説明してみます。


ニキビと吹き出物

ニキビと吹き出物、その呼び方に違いはありますが、本当にニキビの種類として別のものなのでしょうか?
通常では20歳までにできるものを「ニキビ」、そして20歳を過ぎてからのものを「吹き出物」というのが一般的といわれるようです。
つまり結果的には同じものですね。

そして吹き出物のことを大人ニキビとも呼ぶのだそうです。
さらにはこれに対抗してか、20歳までのニキビを、思春期ニキビと言ったりもするそうです。
ちょっとややこしいですよね。
まとめてみると…
  • 20歳以下 ニキビ  = 思春期ニキビ
  • 20歳以上 吹き出物 = 大人ニキビ
と、こんな感じになるんですね。

ではこの思春期ニキビと大人ニキビの違いって何でしょうか?


思春期ニキビ

思春期ニキビとは文字通りに10代の思春期にできるニキビの事をいいます。
ニキビができる原因としては、成長期であるこの時期に、皮脂の分泌が過剰になることがあげられますが、成長ホルモンが身体を作るためだといわれています。

そして成長ホルモンが皮脂腺を刺激することで皮脂も過剰に分泌されてしまい毛穴が詰まりやすくなります。
それと同時にアクネ菌が繁殖しやすくもなるので、ニキビができやすい性質へと変わってしまうのです。
よって20代前後になるとホルモンバランスが安定してくるので、思春期ニキビは自然とできなくなるといわれています。

つまり思春期ニキビの改善は時間の問題とも捉える事ができますが、ひどくなってしまった場合は放っておくことはお勧めできません。
しっかりケアすることによって、その後の肌への負担や治ってからの肌質にも違いが出てくるのでしっかりとケアすることをお勧めします。

大人ニキビ

大人ニキビは上でお話した思春期を過ぎた後にできるニキビの事。
原因がひとつに絞れないというのも特徴ですが、規則正しい生活ができていない場合や睡眠不足などがあげられています。

また大人ニキビはお酒やタバコ、食生活にも関わりがあり、ストレスなど心の負担がキッカケとなることも大きな影響を与えている原因としてあげられています。
特に女性は大人になるとお化粧をしますが、このスキンケアが原因という場合もあります。
お使いになっている化粧品が肌に合わないことも考えられます。


このふたつのニキビは、できる場所によっても違いを見いだすことができます。
思春期ニキビは皮脂分泌が原因なので額や鼻などTゾーンから頬まで、ひじょうに広範囲に見られるのが特徴です。
そして大人ニキビの場合は主に顎、フェイスライン、首筋などといった、いわゆるUゾーンといわれる場所にできるのが特徴です。