治す漢方薬

MENU

ニキビに効く塗り薬

にきびや吹き出物は、思春期のホルモンバランスの乱れから、過剰な皮脂分泌によって起こる病気です。
ただしこのホルモンバランスが崩れた場合のみというわけでもありません。
生活習慣や体質によって個人差もあり、ニキビができやすい人もいれば、そうでない人も当然います。

そんな体質といった部分でいうと、ニキビや吹き出物の治療で、優れた効果を発揮するのが「漢方」です。
体の中から体質改善を目的として漢方を取り入れる事はひじょうに有効だといってもいいでしょう。

薬草から作った「生薬」を複数組み合わせた自然素材、それが漢方薬です。
中国で始まった薬で有名ですが、日本でもだいぶ昔より使われている事はご存じでしょう。
今でもドラッグストアなどで市販されるもので風邪薬などはよく見かけたりします。

漢方薬の成分の多くは植物の根や葉、茎などから作られていますが、その効き目は穏やかでカラダに優しいといわれています。
効果についてあげられるのは、ホルモンや自律神経のバランスを整えてくれること、自己治癒の力を高めること、さらに女性の性器官の働きを改善するなどといったものがあります。
その他にも漢方ではさまざまな成分の組み合わせによって、物凄い改善効果が期待できるといわれます。

漢方はニキビや吹き出物にも効果が期待できる薬

現在では皮膚科でもよく漢方薬を処方しますが、そういった意味でもニキビ治療に漢方は欠かせない存在になりつつあるといってもいいでしょう。
注目度が高まる漢方ですが、あくまでも補助的な治療法として用いるのがいいと思います。

つまり漢方のみでは症状の完治は難しいと考えられており、あくまでニキビ治療の一環として用いるのが良いでしょう。
漢方薬はドラッグストアなどでも市販されています。ニキビに限らずとも、皮膚の病気で漢方薬はたいへん注目されています。

ニキビと漢方その効果は?

漢方薬は副作用がない自然の薬草などによってつくられるもので、体質改善や心のコントロールにまで効果があるといわれています。
また、漢方医学ではトータル的にカラダを改善するといった事をめざした、根本からの治療を目的としているそうです。

いったいニキビに漢方はどんな効果を発揮してくれるのか?
それはホルモンバランスを整えて皮膚の免疫力を高めるといったことがあげられます。
つまりニキビができにくい体質へと変えるといった、体質改善をしてくれるのです。
漢方を使い始めてから薬効くまでの時間は約1カ月から2カ月程度。
根本から治してくれると考えれば、この程度の時間がかかってしまっても仕方がないでしょうね。

また、漢方にも副作用があるなんて話も聞いたりしますが、どうなのでしょう。
基本的に漢方は副作用のない生薬を使っているため、副作用が出るといった事も希だと思います。
例をあげると、高血圧の人が血行促進の漢方を飲んだりすると調子が悪くなる、なんてことはあります。
なので万が一のために、漢方を飲む場合には薬剤師さんやお医者さんなどに自分の症状などと併せて相談するといいでしょう。


2015年はニキビ新薬の年といっても良いでしょう。
4月にマルホ株式会社が製造したベピオゲルが保険の適用で皮膚科での処方が可能になっています。
また5月にはデュアック配合ゲルが処方可能になりましたね。

このべポオゲルはニキビで悩む人たちに注目され、高いピーリング効果が肌の生まれ変わりをサポートするといわれています。
ニキビを悪化させたり跡を残したくない人には知っておいてほしいお薬です。
ベピオゲルは1日1回、洗顔後に患部に適量を塗布します。
ニキビの原因であるアクネ菌の増殖を抑えて毛穴の詰まりもなくしてくれます。